ドイツ

ドイツ

中世・近世ヨーロッパの衣装【6】ミュンヘンのレジデンツ

宮殿博物館 旧バイエルン王国ヴィッテルスバッハ王家の王宮がミュンヘンのレジデンツである。王家の居城と政府官庁という2つの機能を持った豪華な宮殿で、1920年から博物館として一般公開されており、現在ではヨーロッパで最も重要な宮殿博物...
ドイツ

中世・近世ヨーロッパの衣装【5】ニンフェンブルク宮殿★後半

ニンフェンブルク宮殿★前半では、美人画を主に取り上げた。あちらはさまざまな社会階級の美人たちが並んでいたが、服装は豪華であったので、庶民であったとしても絵のモデルにはそれにピッタリの服もコーディネートされたうえで臨んだことだろう。 今...
ドイツ

中世・近世ヨーロッパの衣装【4】ニンフェンブルク宮殿★前半

ニンフェンブルク宮殿 ニンフェンブルク宮殿は、バイエルン地方の有力君主ヴィッテルスバッハ家の夏の離宮で、ニンフ(妖精)のブルク(城)という名の通り、優雅で典型的な宮殿の様式を整えている。バイエルン公国時代の17世紀後半に建設され始め、18...
ドイツ

城郭都市ローテンブルクの歴史

「ヨーロッパ100名城」に選ばれたローテンブルク ロマンティック街道で人気の街ローテンブルクは、正しくは「ローテンブルク・オプ・デア・タウバー」という。 意外なことに、この街は「ヨーロッパ100名城」のなかに「城郭都市ローテンブルク」と...
オーストリア

【まとめ】神聖ローマ帝国

神聖ローマ帝国の歴史を俯瞰する これまでドイツの城について紹介してきたが、神聖ローマ帝国についてあまり多くを語ってこなかったので、今回は神聖ローマ帝国の簡単な全体像と、特有の名称について触れたい。ごく簡単に、時に乱暴に表現するが、感覚的に...
オーストリア

【西洋の宮殿】城から宮殿に住み替える貴族

ドイツの宮殿 これまで城について語ってきたが、ここでは城の次に流行った王侯貴族の豪華な居館「宮殿」を取り上げる。なかでもドイツにフォーカスしたい。 城についての詳細は>>城と中世という時代に生きる人々 何ゆえドイツかというと、神聖ロー...
ドイツ

中世・近世ヨーロッパの衣装【2】ゲルマン国立博物館より

ゲルマン国立博物館でみる近世服装ギャラリー ドイツのニュルンベルクにある「ゲルマン国立博物館」は、実によい博物館だ。 数時間では見終えることはできないほど豊富で、古代から現在までのドイツ語圏の生活に関するあらゆる分野にわたっており、...
お気に入りの酒と料理話

春キャベツでザワークラウト作り…数々の失敗を乗り越えて

日本ではまともなザワークラウトが手に入らない…ならば自分で作るしかない 「ザワークラウト」というドイツ式のキャベツの発酵食品があるのをご存じだろうか? 2016年の秋にTV番組でアイドルが「乳酸(菌)キャベツダイエット」をして2週間で...
ドイツ

帝都ニュルンベルク【3】ナチスドイツのプロパガンダ拠点★2019更新

ナチス党政権下のドイツを象徴する都市 ニュルンベルクは、やはり特別なのか、神聖ローマ帝国の歴史とは裏腹に、ナチスドイツのプロパガンダ(宣伝)の舞台でもある。 ナチスの第一回党大会があったのもここ。 ユダヤ人から公民権を奪い取った「...
ドイツ

プロパガンダ【1】大衆操作に飲み込まれる人々

はじめに 「あいちトリエンナーレ2019」で昭和天皇の御影をバーナーで焼き、足で踏みつける”作品”が公開されて大炎上し、それらに公費を投入するか否かについてネットを中心に論じられた。そのとき「あれらは芸術をかたった反日プロパガンダだ」とい...
タイトルとURLをコピーしました