Amazon Kindleで電子書籍を出版する【2】確定申告のときどうする?

ダルタニャン像 心の窓
スポンサーリンク

KDP印税収入を得ている人たちへ

とりあえず、電子書籍等で印税…つまり不労収入を得ている方たちよ、ほんの些少な金額であったとしても、実にめでたい。

印税を得るまでの話【1】はこちら>>

Amazon Kindleで電子書籍を出版する【1】準備~印税を得る

そして年度末になって、「はて、確定申告はどうするのかな?」状態かもしれない。私もそうであった。「何したらいいの?」と。

税のことは基本的には顧問税理士にお尋ねいただきたい。
しかし、もし自力でやらざるを得なかった場合のために、少しだけアドヴァイスをする。とはいえ一切の責任は持たない。私なりの「アレやったか?」程度のアドヴァイスであるので勘違いなきようお願いする。また、脱税という格好悪いことはなきように願う。

まずは…「税金フォーム」の準備をやったか?

マイアカウントであらかじめ情報を入力しないといけないのだが。
私もほかのサイトでいろいろ調べて、手探りで行った。

確定申告時に必要なのが、「税金フォーム」の準備である。フォームができたらメールでお知らせしてくれるという。名称は「IRS Form 1042-S」。

「税金フォーム」は下記の手順に従って5まで進むとある。

マイアカウント

マイアカウント>税に関する情報

3月15日までに発行するとのこと。実際の確定申告は2月16日くらいから開始されるのだが、少し遅めであるが仕方ない。間に合わない時は次年度に処理すればいいようだ。
ちなみに、2月上旬のある日に見てみると、まだ昨年度のものはアップされていなかった。

そもそも必要事項を設定しているか?

住所など必要事項はあらかじめ設定しないといけない。
上記の著者情報に現住所があるから、問題ないと思っていたら、なんと税の情報では旧住所のままであった。

2年前に引っ越しをして、住所を更新していなかったことに気づいたので、慌てて変更する。あくまでも税のところで現住所が入っていないといけない。
最初に変更するのも、途中で住所変更するのも以下の順でできる。さきほどの手順5まで行くと、

 

下記が出てくる。

欲しい年度がなければ、まだ用意されていないということでダウンロードできない。上記に2017からあるのは、私がすでに当時から登録をしていたからであり、何もしたことがなければ表示されない。

2021年度のために、住所変更を今から変更したいと思う。

税に関する情報>税に関する情報を表示/提出

「税務上の身元情報」が出る。
スミアミ部分にあなたの情報を入れて行く。フルネーム、住所など。たいていは米国にならって、ローマ字や英語となる。全角は入らない。

税務上の身元情報

税務上の身元情報

さて、「TINI値」とは何だろうか。これには私はほかの人のやり方をならってマイナンバーを入れている。その他、情報を入れて送信すると、「税に関する情報」が完了となる。

 

確認する

入力内容を確認。これに住所が入るので、変更があれば忘れずに更新しないといけないというわけだ。

「該当する源泉徴収率0%」となるので、この状態なら米国との二重課税にはならないようだ。「インタビューを終了」を押すと、「税に関する情報」が日付とともに完了と記される。

税による情報が完了

「保存」をクリック。

IRS Form 1042-S」が準備できたというメールが来るまで待つ。来たら、ダウンロードして、2ページ目に以下が英語で書いてある。機械翻訳を載せる。

フォーム1042-Sの表には何が表示されていますか?
フォームには、2020年にAmazonから受け取った支払いが要約されています。この表は情報提供のみを目的としています。AmazonはIRSに提出しないでください。
注:複数のAmazonビジネスから支払いがあった場合、これらの支払いを1つのフォームに統合しました。

米ドルで金額が表記されている。
Total – Pre-rounding:合計が確定申告する金額だ。

Gross Incomeに書かれている金額を雑所得として確定申告する
日本でAmazonの電子書籍の収入の確定申告をする場合は、Form 1042-SフォームのGross Incomeに書かれている金額を雑所得として記載して申告すればOK。

私はこの手続きをしないで、毎月の金額を入力して、二重課税を何年もしていた。
なかなかもったいないことだ。毎年年度末に思い出そう。そして、余計な支払いはやめよう。

印税を得るまでの話>>

Amazon Kindleで電子書籍を出版する【1】準備~印税を得る

余談

トップの写真は、私がフランスで最も男前だと思ったダルタニャン像である。小説『三銃士』の主人公。作者デュマは「小説製造工場」と言われるほどの天才であった。私が尊敬する天才クリエーターにからんでダルタニャン像を入れた。

それにしても、生身のフランス男なんて別にカッコイイと思わなかったが、彼は最高に素敵だった。

>>アレクサンドル・デュマ【1】貴族と黒人奴隷の血を秘めて

タイトルとURLをコピーしました