当ブログはアフィリエイトプログラムによる商品紹介を含むことがあります。

中世・近世ファッション・ギャラリー

イタリア

中世・近世ヨーロッパの衣装【7】ウルトラマリン:聖母の青衣

ウルトラマリン、もしくはフェルメール・ブルーという言葉をご存知だろうか?中世・近世ヨーロッパの衣装で群青のウルトラマリン(聖母の青衣)は重要な意味合いを持つ。ウルトラマリンを用いた絵画と美の巨匠たちの逸話。
ドイツ

中世・近世ヨーロッパの衣装【6】ミュンヘンのレジデンツ

旧バイエルン王国ヴィッテルスバッハ王家の王宮がミュンヘンのレジデンツである。見所のひとつが「祖先画ギャラリー」と呼ばれるヴィッテルスバッハ家王族の肖像画が100枚以上展示されている回廊だ。とにかくまばゆいばかりの衣装、そしてタペストリーも豊富。
ドイツ

中世・近世ヨーロッパの衣装【5】ニンフェンブルク宮殿★後半

ニンフェンブルク宮殿★前半では、美人画を主に取り上げた。あちらはさまざまな社会階級の美人たちが並んでいたが、服装は豪華であったので、庶民であったとしても絵のモデルにはそれにピッタリの服もコーディネートされたうえで臨んだことだろう。今回は肖像...
ドイツ

中世・近世ヨーロッパの衣装【4】ニンフェンブルク宮殿★前半

ニンフェンブルク宮殿は、バイエルン地方の有力君主ヴィッテルスバッハ家の夏の離宮であり、17世紀以降の貴族の服装を見たい方にはぜひともオススメしたい城である。中でも有名なのが美人画ギャラリー。バンバン撮影してきたので、説明とともに紹介する。
オーストリア

中世・近世ヨーロッパの衣装【3】ザルツブルク

音楽の街といわれるザルツブルクで得た中世・近世ヨーロッパの衣装を紹介。王様ではなく領主司教領という聖職者がトップの国であった。16世紀から19世紀の貴族の様子が描かれた絵画、肖像画など、生活も垣間見えるギャラリー。
ドイツ

中世・近世ヨーロッパの衣装【2】ゲルマン国立博物館より

ドイツにあるゲルマン国立博物館には実物のドレス、貴族の肖像画、さらには庶民の生活がわかるタペストリーが多く展示され、近世華やかなりし頃の衣装をたくさん見たい人にうってつけの施設である。できるだけ多くの画像と説明文を紹介する。
イタリア

中世・近世ヨーロッパの衣装【1】導入編

中世・近世ヨーロッパの衣装に興味を持つ人のために、各階層の歴史的な話を混ぜつつ服装の特徴を肖像画などの絵画を中心に話をする。今回は導入編で、この後は各国の施設で撮影した写真をなるべく多く使用する服装ギャラリーシリーズ。
イタリア

【イタリア】ルネサンスの何が凄いの?

ルネサンスとは何であるか、自分なりの答えを出したい人へ。ルネサンスの何が凄いの?と聞かれても、画家の名前や作品名しか出てこない…そんな人々に、もっと俯瞰的にこの時代をつかまえるためのヒントを歴史的な意味合いを含めてお話しする。
イタリア

【トリノ王宮の武器庫】中世騎士の甲冑コレクション

トリノ王宮の続きに武器庫がある。結構有名らしいが、ここが見せ場だったりする。なぜなら、こんな感じでズラリと並ぶ金持ち騎士たちのコレクションがあるからだ。中世の城や騎士のいで立ちに興味がある方は必見だ。
中世・近世ファッション・ギャラリー

城とは【4】騎士(ナイト)は何する人ぞ?

騎士とはどういう人がなるものなのだろうか?まずはその定義をする。騎士になる、とはどういう行程を経るのか。