中世・近世ファッション・ギャラリー

ドイツ

中世・近世ヨーロッパの衣装【6】ミュンヘンのレジデンツ

宮殿博物館 旧バイエルン王国ヴィッテルスバッハ王家の王宮がミュンヘンのレジデンツである。王家の居城と政府官庁という2つの機能を持った豪華な宮殿で、1920年から博物館として一般公開されており、現在ではヨーロッパで最も重要な宮殿博物...
ドイツ

中世・近世ヨーロッパの衣装【5】ニンフェンブルク宮殿★後半

ニンフェンブルク宮殿★前半では、美人画を主に取り上げた。あちらはさまざまな社会階級の美人たちが並んでいたが、服装は豪華であったので、庶民であったとしても絵のモデルにはそれにピッタリの服もコーディネートされたうえで臨んだことだろう。 今...
ドイツ

中世・近世ヨーロッパの衣装【4】ニンフェンブルク宮殿★前半

ニンフェンブルク宮殿 ニンフェンブルク宮殿は、バイエルン地方の有力君主ヴィッテルスバッハ家の夏の離宮で、ニンフ(妖精)のブルク(城)という名の通り、優雅で典型的な宮殿の様式を整えている。バイエルン公国時代の17世紀後半に建設され始め、18...
オーストリア

【オーストリア】ホーエンザルツブルク城

ザルツブルクは領主司教領 ドイツのお隣オーストリア西部にあるザルツブルクの城を紹介したい。「ホーエンザルツブルク城」という山城があるのをご存じだろうか? 現在ではケーブルカーに乗って登るような急斜面の上にあり、敵も包囲したと...
オーストリア

中世・近世ヨーロッパの衣装【3】ザルツブルク

塩で栄えたザルツブルクは領主司教に牛耳られていた 今回は音楽の街といわれるザルツブルクで得た中世・近世ヨーロッパの衣装を紹介したい。 とその前に、歴史話を少し。 ザルツブルクは中世の時代、領主司教領というカトリック教会のエライさん...
ドイツ

中世・近世ヨーロッパの衣装【2】ゲルマン国立博物館より

ゲルマン国立博物館でみる近世服装ギャラリー ドイツのニュルンベルクにある「ゲルマン国立博物館」は、実によい博物館だ。 数時間では見終えることはできないほど豊富で、古代から現在までのドイツ語圏の生活に関するあらゆる分野にわたっており、...
イタリア

中世・近世ヨーロッパの衣装【1】導入編

中世・近世の衣装をよりたくさん見たい人のために(随時更新) 天野川は、ヨーロッパの歴史や文化を旅先で追い求めるオタクをやっている。 そういうわけで、芸術品を始めとする当時の肖像画から当時の挿絵まで、とにかくバッシャバシャ撮影しているのだ...
イタリア

【トリノ王宮の武器庫】中世騎士の甲冑コレクション

トリノに行く理由 イタリアに行くなら、ぜひともトリノに行きたい。そう言うと、旅行代理店のスタッフにも不思議がられた。「そういう人はあまりいませんね」と。天野川は少し変わった女である。 なにゆえにトリノなのか? それは、ずっと群雄割...
中世・近世ファッション・ギャラリー

城とは【4】騎士(ナイト)は何する人ぞ?

騎士(Knights)とは よく「白馬に乗った王子様」という表現を使うが、困難に直面した中世のお姫様を救って喜ばせたのは、どこかのお城にいる王子様ではなく、「馬に乗って武者修行中の勇敢な騎士」のことだったのではないかと最近思う。 やがて...
タイトルとURLをコピーしました